もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【ギフトにオススメ】フレデリックのマスコットが付いた、可愛すぎるソックスが新登場♪
陰陽屋へようこそ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

陰陽屋へようこそ

作・絵: 天野頌子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「陰陽屋へようこそ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

美青年ニセ陰陽師と、妖狐男子中学生。 へっぽこ主従のご近所事件簿。

ベストレビュー

狐耳と尻尾が出てしまう男子中学生

息子が中学生の頃、東京都北区の王子稲荷神社界隈が舞台のお話として、新聞に紹介されていました。主人公が男子中学生ということで息子に勧めましたが、私も大変面白く読みました。王子稲荷神社は落語「王子の狐」でも有名で、我家から遠くない場所にあるのに、それまで訪れたことがなかったので、このお話をきっかけに実際に行ってみました。さすがに陰陽屋さんはないようです(笑)
2013年にはドラマ化されましたが、私の読んだイメージとは少し違っていました。ポプラ文庫ピュアフルで続編も刊行され、シリーズ8冊、中学生の娘と競争で読んでいます。キツネは夜行性なので、授業中は寝てしまう沢崎瞬太が、なんだか可愛く思えます。陰陽屋のイケメン店主、安部祥明のことも気になります。
(みいのさん 50代・ママ 男の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

天野頌子さんのその他の作品

ポプラ文庫ピュアフル タマの猫又相談所 逆襲の茶道部 / ポプラ文庫ピュアフル よろず占い処 陰陽屋は混線中 / ポプラ文庫ピュアフル よろず占い処 陰陽屋あらしの予感 / ポプラ文庫ピュアフル タマの猫又相談所 花の道は嵐の道 / ポプラ文庫ピュアフル よろず占い処 陰陽屋アルバイト募集 / ポプラ文庫ピュアフル よろず占い処 陰陽屋の恋のろい



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

陰陽屋へようこそ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット