ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
魔女モティ とねりこ屋のコラル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女モティ とねりこ屋のコラル

作: 柏葉 幸子
絵: 佐竹 美保
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「魔女モティ とねりこ屋のコラル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784062832144

A5判・157ページ

出版社からの紹介

魔女のお母さんが消えた!?
柏葉幸子の新感覚ファンタジーシリーズ第2作。
魔女がお母さんで、ピエロがお父さんの小学生の紀恵ちゃん。はちゃめちゃだけど大事な私の家族。そのお母さんがクロワッサン島で行方不明!謎のカギを握る「とねりこ屋」へ魔法のほうきにのって――

ベストレビュー

続けて欲しい

魔女モティがおもしろかったので、続きとしって読んでみました。
魔法のほうき、コラルの存在など、異世界ならではの魅力につつまれてはいますが、物語はしっかりと現実をとらえています。今回も親子や家族について考えさせられる内容でした。
児童書ですが、大人にも伝えたいことが書かれているように思います。
ファンタジー好きの大人としては、是非、このシリーズ、続けてほしいです。
(あんじゅじゅさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

柏葉 幸子さんのその他の作品

モンスター・ホテルでパトロール / おばけ遊園地は大さわぎ / ドールハウスはおばけがいっぱい / モンスター・ホテルでそっくりさん / 王様に恋した魔女 / モンスター・ホテルで ピクニック

佐竹 美保さんのその他の作品

キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 / イーストンと春の風 / 封魔鬼譚(3)渾沌 / 封魔鬼譚(2)太歳 / 封魔鬼譚(1)尸解 / 白い花びら



『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

魔女モティ とねりこ屋のコラル

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット