貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
大きな絵本 ひつじぱん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大きな絵本 ひつじぱん

  • 絵本
作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥8,000 +税

「大きな絵本 ひつじぱん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784790251897

2〜3歳児
42.0×44.0cm 24ページ
関連書籍
ひつじぱん
もっとひつじぱん

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さくてすてきでかわいくて、そして上手なひつじのぱんやさん。そこで生まれるたくさんのいろんな形のパンはどれもとってもおいしそう。大きいパンを買いにきたのはぞうさんで、長いフランスパンを買いに来たのはきりんさん。さて最後に出てくる「ひつじぱん」を買いに来るのはだれかな?

ベストレビュー

次はどんなパンかな??

ちょっと四角い形のひつじさん。そのひつじさんがこねこねパンを作ります。
どんなパンが出来上がるのかページをめくるワクワクが最後まで続く絵本です。

言葉が歌のようにリズムがあって、リズミカルに読み聞かせしてあげると一層楽しいです。
次はどんなパンかな?と子どもの答えを待ちながらページをめくると子どものうわーという歓声があがります。

続編もありますので合わせて読んでみると尚楽しいです。
子どもが何度も読んでと繰り返し持ってくる絵本です。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あきやま ただしさんのその他の作品

へんしんテスト / たまごにいちゃんと たまごねえちゃん / へんしんおてんき / たまおくんはたまごにいちゃん / へんしんマーケット / おばけのたまごにいちゃん



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

大きな絵本 ひつじぱん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット