しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
そのつもり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そのつもり

作・絵: 荒井 良二
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年12月10日
ISBN: 9784061322172

この作品が含まれるテーマ

おはなし

「そのつ森」という名前の森のおはなし。
森にある空き地をどんなふうに使おうか、いつも動物たちが会議をしています。
サルがでてきて、空き地に穴を掘って温泉にしようといいます。
みんなは少し考えてから、「いいねえ、それ。」と言って・・・
そのつもりになりました。
いろんな案が出てきて、みんなでそのつもりになります。

みどころ

緑色が美しい、「そのつ森」。
動物たちはそれぞれ自分たちの案をいいあい、みんなでそのつもりになります。
そんなことを、ずっとずっとやっている。
のんびり、ゆったりした気持ちになれる絵本です。
何かをしなくては、と言いながら、やったつもりになってなかなか取り掛からない動物たち。
「何もしないでこのままがいい」という意見を受け入れることができません。
いろいろ話し合っていたのに、大きな牛がでてきたので隠れてしまい、それでも小さく話し合いを続ける、
なんだか人間の社会でもこんなことがあるような気がします。

出版社からの紹介

荒井良二、ファン待望の新作!
みんなはすこしかんがえてから、「いいねえ、それ。」といって、そのつもりになりました。

ベストレビュー

「いいねえ、それ」が、いいんです。

最初、この本の紹介があるかどうか検索してみたけれど、ありませんでした。すごく残念。以前「ポンキッキーズ」でも紹介されたこのある作品です。
「ここは森のなかです。かぜがソヨソヨふいています。森のなまえは“そのつ森”。」で、始まります。
このお話は、その森に住む動物達が、森のまん中にある空き地をどんなふうに使おうかと会議をするお話です。温泉にしようとか、山より高いものを作ってみようとか、海にしたいとか、みんなで意見を出し合うんですが、なかなかこれって、決まらない。
みんなの意見は、それぞれとっても心をくすぐるらしくて、誰かが新しい意見を出すと「いいねえ、それ」と、みんな想像して、うっとりとなってします。
それぞれ想像した時のページがとってもいいんだなぁ。
荒井氏の絵もとてもほのぼのしていて、「そのつ森」の動物達の表情がすご〜くいいの。
もう、絶対、お薦めの1冊です。
森の名前を「そのつもりになる」ってところからとっているで、読む時、イントネーションを変えてあげると、子供達は森の名前なのか、そのつもりになっているのか分かってくれます。読み手にとっても、面白い絵本です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま / はるってどんなもの?



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

そのつもり

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット