しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
リサ ジャングルへいく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リサ ジャングルへいく

作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リサ ジャングルへいく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年11月
ISBN: 9784893092649

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

夏休み、どこへも行けなかったリサ。
ヨットの写真を持っている
ガスパールがうらやましい。
だからちょっとウソをついちゃった!。
「ジャングルにいったの!」

ベストレビュー

タイトルページの意味は・・・

このガスパールとリサのシリーズは末娘のお気に入り。確かに、ガスパールとリサはかわいいし、はじめに友達になったお話はまあ、可もなく不可もない普通の絵本と思っていました。でも、中には、私にはなかなか理解できない(どこが面白いのかわからない、そもそも、面白い話なのか、教訓めいた話なのかもわからない)話が多く、これがフランス人のエスプリなのかしら、わからない!!と思っておりました。

が、このリサのジャングル話は、リサのこれでもかこれでもかというホラ話をイラストと一緒に楽しむことができました。(これで私もフランス文化通!!)慣れとは恐ろしいものです。

それにしても、この本。表紙はジャングルの絵でしたが、表紙をめくったタイトルページはなぜかプールからあがったばかりのリサの絵です。ジャングルにプールがあるの。いえいえ、それは最後の一歩前のお楽しみ。そして、裏表紙をめくったところにも、お楽しみの絵があります。
(えっこさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

アン・グットマンさんのその他の作品

ペネロペといつもなかよし ベビーギフトセット / おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする / ペネロペのたのしいハロウィン / ぬのえほんベビー ペネロペとあそぼう / ペネロペとハローキティ りんごケーキをつくる / ガスパールこいをする

ゲオルグ・ハレンスレーベンさんのその他の作品

リサとガスパールひらがな・ABC育脳カード / ペネロペしかけえほん(13) ペネロペびょういんへいく / リサとガスパールのしんがっき / ペネロペいまなんじ? / ペネロペちきゅうがだいすき / リサとガスパールゆうえんちへいく

石津 ちひろさんのその他の作品

ピピは いっとうしょう! / シンデレラ / ソフィアのとってもすてきなぼうし / だれのおしり? まきばにいこう! / だれのおしり? サファリにいこう! / かこちゃんはひとりっこ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

リサ ジャングルへいく

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.95

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット