庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
オオカミのごちそう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オオカミのごちそう

作: 木村 裕一
絵: 田島 征三
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年04月
ISBN: 9784033312101

対象年齢 3・4歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

林の中でコブタをとりにがしたオオカミ、すぐ追いかけますが、オオカミの頭の中ではコブタは大きくなるばかり、ついにつかまえましたが?

ベストレビュー

シリーズ、第1作目

木村祐一さん&田島征三さんの「オオカミの」シリーズ第1作目です。

オオカミが、取り逃がしてしまったブタを すごい執念で追いかけるお話です。

逃がした魚は大きかった・・と言いますが、まさにそのまんまのお話です。逃がした豚は大きかった。。

1匹の豚を取り逃がしたことが、とっても悔しくて、そのブタを食べるぞ、と追い続けます。そして、膨らみ続けるイメージ(笑)

うちの子は、イメージしている豚がだんだん大きくなっていく場面で、「あれ?」「ん?」と不思議そうにしてましたが、途中でオオカミの妄想と気付き、にやにやしてました。

田島さんらしくない?色使いにちょっと興味をひかれました。原色が多くカラフルな絵がポップな感じで、楽しさを増してました。

読み時間7〜8分。
(ローサさん 40代・ママ 男の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木村 裕一さんのその他の作品

もりがもえた / めざせ!動物のお医者さん / 使える!役立つ!はつめい工作 / ロボロボ ロンとゆかいなおてつだいロボット / いもうとだいすき / いつもぶうたれネコ

田島 征三さんのその他の作品

もりモリさまの森 / オオカミのはつこい / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本 / かとりせんこう / やぎのしずかのしんみりしたいちにち / トペラトト



葉祥明さんの描く不朽の名作

オオカミのごちそう

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット