宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
MOE 2018年8月号
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

MOE 2018年8月号


出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

本体価格: ¥815 +税

「MOE 2018年8月号」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月03日
ISBN: 4910187870883

巻頭大特集
最新1万字インタビュー
安野光雅 ふしぎな絵本館

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

■ 巻頭大特集 ■
最新1万字インタビュー
安野光雅 ふしぎな絵本館

今年、絵本デビュー50周年を迎える安野光雅さん。
92歳の現在も3冊の新刊を出版するなど、
精力的に活動する安野さんにMOEがロングインタビュー。
絵を描くことの大切さ、絵本の魅力など、
先駆者ならではの貴重な言葉をお届けします。
また、故郷の津和野と京都の美術館を訪ねる旅、
安藤忠雄さんの特別インタビュー、
絵本選びに役立つ作品リストなど、
50周年を記念した保存版大特集です。

●安野光雅最新1万字インタビュー
子ども、絵本、「考える」こと
●安野ワールドを遊びつくそう
絵本の扉のむこうの国へ
●安野光雅の多彩な作品
●はじまりの場所、津和野への旅
安野光雅美術館をたずねて
●森とともに生きる新しい美術館
「森の中の家 安野光雅館」
● 特別インタビュー
安藤忠雄

■ 世界一有名なだまし絵版画家
エッシャーが描くありえない世界

■ 注目の映画
映画「未来のミライ」とこだわりの絵本

■ かわいいマスキングテープ図鑑

■ 心にあふれるメッセージ
ゴフスタインの絵本

■ 展覧会巡回記念
エドワード・ゴーリーの優雅な絵本

■ MOE TOPICS
● 羽海野チカの世界展
~ハチミツとライオンと~
● 絵本のひきだし
林明子原画展

■ 好評連載 ■
アーティスト・インタビュー ニック・パーク
工藤ノリコ「ワンワンちゃん」
注目の作家インタビュー もりゆか
小川糸/文 牧野千穂/絵「旅ごはん」
MOEのおすすめ新刊絵本
広松由希子の絵本棚 世界で見つけた! 宝物絵本

MOE 2018年8月号

ベストレビュー

付録があまりにも素敵なので

付録のファイルが、あまりにも素敵なので、
もったいなくていまだに使えずにいます。
表紙からして豪華な、
安野光雅さんのファンにとっては永久保存版の一冊です。
その他の特集も素晴らしく、
読んでいるだけで、楽しい気持ちになれました。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

MOE 2018年8月号

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット