大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
偕成社文庫 ヒルベルという子がいた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた

作: ペーター・ヘルトリング
訳: 上田 真而子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784035509301

小学中級から
19cm×13cm 160ページ
判型:B6判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

町はずれの子供の施設にくらすヒルベルの心を、だれが本当に理解しようとしていたのだろうか? 衝撃をなげかけた問題作を文庫化。

ベストレビュー

『ヒルベル』は本名じゃない。

昔からの名作というわれている児童書の1冊です。
タイトルは知っていましたが、読んだのは初めてです。
『ヒルベル』というのは、ドイツの造語(らしい)で、「ヒルン」という脳とか知能を意味する単語と、「ヴィルベル」という混乱を意味する単語をくっつけたものだそうです。

この作品の中で、『ヒルベル』とは、1人の男の子のあだ名で、本人自身もそう呼ばれすぎて、自分の本名は思い出せない。という設定でした。この話の『ヒルベル』が本当にいたかどうかは、作者は問題にしていません。
こういう子どもがいることを知ってほしかった。と、後書きに書いてありました。

想像していたより、とても短い話で、スーっと、読めてしまいましたが、こういう児童書を今どきの子どもたちが手に取るかというと、ちょっと難しい気がします。

ただ、この本が描かれた当時に比べ、
高知能障害など、各種知能障害の分野の研究が進み、以前に比べて理解されるようになり、受け入れる側の認識も変わってきた(誰もが理解があるわけではありませんが)感はあります。

なので、今この本を進めるとしたら、小学生くらいのヒルベルと同年代の子どもたちではなく、
こうした障害や児童の勉強をしている人に、一度は読んでもらいたい作品だと思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペーター・ヘルトリングさんのその他の作品

テオの家出 / ヒルベルという子がいた / 屋根にのるレーナ / さよならわたしの本屋さん / ひとりだけのコンサート / ぼくは松葉杖のおじさんと会った

上田 真而子さんのその他の作品

福音館文庫 黒いお姫さま / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / 岩波少年文庫 バンビ / 氷の上のボーツマン / 岩波少年文庫 ぼくたちの船タンバリ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

偕成社文庫 ヒルベルという子がいた

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット