ねんねのうた ねんねのうた
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
おばけたちと仲良くなって、ぐっすり眠りにつくまでのお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
きらきらピンク
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きらきらピンク

  • 絵本
作: ナン・グレゴリー
絵: リュック・メランソン
訳: 灰島 かり
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きらきらピンク」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784790251958

4・5歳児から
上製・31ページ
21.0×27.0cm(表紙21.3×27.3cm)

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「あたし、ピンクがほしくてどうかなっちゃいそうなのに」
ビビはピンクできらきらしたものが大好きな女の子。
夢見る少女の世界のお話かな・・・と思いきや、
それだけでは終わらない、かなり骨太なお話が待っています。
子ども達なら誰でも覚えがあるはず。
自分の欲しくてたまらないものを、友達がたくさん持っている。
自分が欲しくてたまらないものを、なかなか親に理解してもらえない。
小さな体の中に沢山の心の葛藤を抱えるビビ。
でも、とうさんもかあさんもビビの気持ちが理解できていない訳じゃないのです。
「なにかを欲しいとねがうこと」
これって、子どもに限らず大人だってみんなが抱える永遠のテーマ。
途中でちょっと切なくて心が痛くなってしまう場面もあるけれど、
ビビは立派に向かい合います。だからこそ感じる事ができるお父さんの、そして家族の
大きな大きな愛情。そして最高のきらきらのピンクも・・・
大人にも子どもにも、ちゃんと読んでもらいたい一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ビビは、ピンクが大好きな女の子。
でも、自分の周りにはピンク色のものがありません。ママやパパにねだっても買ってもらえないし…。
ある日、ショーウィンドーにピンク色のかわいい人形をみつけました。ビビは欲しくて欲しくてたまりません。それを買うために貯金をすることにしました。でも…。
ビビの心の成長を描いたストーリーです。

ベストレビュー

ピンク色のこころ

 ピンク色に憧れているビビ。ピンクのお人形がほしくてほしくて、手に入れるまでにいろいろ努力します。

 小学生の娘は食い入るように絵本を見ていました。手にするために努力している姿を見て感心し、そのあと人形を手に入れることができなかった時のビビの姿をみて、何を感じたのでしょうか。なんとなく娘と似ているビビに親近感を感じたのかもしれません。その後何度となく「読んで」とせがまれ、そのたびに何か考えている様子です。

 本当に大切なものに気づかされる一冊。おすすめします。
(やっほさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

灰島 かりさんのその他の作品

ランドルフ・コールデコット ―疾走した画家 / てっぺんねこ / たんていネズミ ハーメリン / 女の子のための人生のルール188 / おどかさないでよ、ガオくん! / とけいのあおくん



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

きらきらピンク

みんなの声(10人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット