雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう

  • 児童書
作: マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
絵: マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
訳: 枇谷 玲子
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784072606520

A5判・96ページ

出版社からの紹介

シリーズ累計100万部突破! スウェーデンの大ベストセラー児童書第3弾! サーカスの公演中に泥棒の被害があいつぐ難事件が発生する。ラッセとマヤの犯人さがしがはじまった!

ベストレビュー

必死に犯人探し

小学生のラッセとマヤの探偵団シリーズ。
今回初めて読みました。
第3弾となるこのお話は、サーカスを舞台にした、スリ犯を捕まえる内容です。

小学校中学年くらいから楽しめそうです。
主人公の探偵2人も小学生なので、自分たちが探偵になった気分が味わえるかもしれません。

犯人探しですが、大人気ない私はやっきになって当てにいってました。笑
これが面白いことに、怪しい容疑者であるサーカスの団員みんなが・・・怪しくないんですよね。
もしかしたらサスペンスドラマの見すぎでしょうか?笑

犯人当てはさておき、その犯行の手法、そして動機は意外なものでした。
ちょっとホロリとさせられてしまう場面も。

そして、犯人に対する警察署長の粋なはからいに、いい気分で結末を迎えることができました。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マッティン・ビードマルクさんのその他の作品

ラッセとマヤのたんていじむしょ 恐怖のミイラ / ラッセとマヤのたんていじむしょ なぞの映画館 / ラッセとマヤのたんていじむしょカフェ強盗団 / ラッセとマヤのたんていじむしょ ミステリーホテルの怪 / ラッセとマヤのたんていじむしょ ダイヤモンドのなぞ

枇谷 玲子さんのその他の作品

カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち / ひみつのおかしだ おとうとうさぎ! / ママ! / 太陽のくに / くまのバルデマール / ニッセのポック



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット