しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
ラッセとマヤのたんていじむしょカフェ強盗団
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラッセとマヤのたんていじむしょカフェ強盗団

  • 児童書
作: マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
絵: マッティン・ビードマルク ヘレナ・ビリス
訳: 枇谷 玲子
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ラッセとマヤのたんていじむしょカフェ強盗団」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784072606698

A5判・96ページ

出版社からの紹介

シリーズ累計100万部突破! スウェーデンの大ベストセラー児童書第4弾! 静かな町バッレビで、カフェ強盗が続出! しかも同じカフェがたてつづけに狙われた。犯人は一体――? 

ベストレビュー

暗号がカギ

主人公は、ラッセとマヤの2人組。
子どもだけれど、事務所も構えるいっぱしの探偵なんです。
住んでいる小さな街で起こる事件を次々に解決!!
探偵モノの本が最近お気に入りの息子にいいかな、と図書館でこのシリーズを順に借りたところ、大当たりでした。

この「カフェ強盗団」では、同じカフェにタイミングよく何度も強盗が入るという不自然さに目をつけたラッセとマヤ。
事件解決のきっかけになったのは・・・暗号!?

推理モノ、探偵モノのお約束もちゃんと守られています。
謎があって、少しずつ手がかりが提示されて、でも犯人は最後まで誰だかわからない。。。読者も推理したくなりますよね。
このシリーズ、すっかり息子のお気に入りになりました。
(あんれいさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マッティン・ビードマルクさんのその他の作品

ラッセとマヤのたんていじむしょ 恐怖のミイラ / ラッセとマヤのたんていじむしょ なぞの映画館 / ラッセとマヤのたんていじむしょ サーカスのどろぼう / ラッセとマヤのたんていじむしょ ミステリーホテルの怪 / ラッセとマヤのたんていじむしょ ダイヤモンドのなぞ

枇谷 玲子さんのその他の作品

カンヴァスの向こう側 少女が見た素顔の画家たち / ひみつのおかしだ おとうとうさぎ! / ママ! / 太陽のくに / くまのバルデマール / ニッセのポック



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

ラッセとマヤのたんていじむしょカフェ強盗団

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット