ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
狂言えほん(5) うそなき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん(5) うそなき

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: マスリラ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784591108284

小学校低学年〜
26cm x 22cm・36ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

自分をおいて国へ帰るという男を、泣きながら責める女。ところが女は、お椀に入った水を目につけて、うそなきをしていた!

ベストレビュー

墨塗

狂言えほん。
狂言の「墨塗」をアレンジした作品のようですね。
題名は本質ズバリです。
都に滞在していた大名が、所用も片付き、故郷に帰る際、愛人へのあいさつで起こる騒動です。
もちろん、控えるのは太郎冠者。
愛人の女は、なんとウソ泣きで困らせるのですが、
そのための湯飲み茶わんの水を墨に替えて仕返したので…。
嫉妬深い女、ウソ泣きなど、絶妙にあるある話で盛り上げます。
確かに、舞台では盛り上がりそうな演出です。
小学生くらいからでしょうか。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

たぬきのたまご / うし / ともだちなんかいらない / ぶきゃぶきゃぶー / ぽんぽん / たまたまタヌキ

マスリラさんのその他の作品

なっとうかあちゃん / ふたつの ゆびきりげんまん / 妖怪ホテル(全10巻) / 妖怪ホテル(10) 花の妖怪ホテル / 妖怪ホテル(9) 駅の妖怪ホテル / 妖怪ホテル(8) 沼の妖怪ホテル



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

狂言えほん(5) うそなき

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット