貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おいなり山のひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おいなり山のひみつ

作: 茂市 久美子
絵: 菊池 恭子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784061957114

小学中級から
サイズ:A5判 ページ数:127

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

『おめでとうございます。「お山ですごす一週間」があたりました!』
ふしぎなプレゼントがまきおこす ひみつの冒険物語。

ベストレビュー

田舎の夏休み

『キツネ山の夏休み』(富安陽子)を思い出しました。

受け入れ先が、特殊な家族で、そこがファンタジーのように見せかけて、実は、田舎のリアルな夏休み体験が作者の描きたかったところだと思います。
都会っ子には、田舎の暮らしそのものがファンタジーなのかも。
私自身おいなり山のような暮らしなので、どれも身近なことばかり。作者の体験がもとになっていることはすぐわかりました。
やや強引な設定も、なぜか引っかからないところが巧妙だなぁ。

娘が見つけましたが、同作者の「つるばら村シリーズ」に、おいなり山からの訪問者エピソードがありました。世界観が繋がっているのかな。
「つるばら村」を楽しんだ子は、つづきの感覚で読めるかも。
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茂市 久美子さんのその他の作品

アンティーク・シオンの小さなきせき / ドラゴン王さまになる / ドラゴンはスーパーマン / つるばら村シリーズ(10) つるばら村の魔法のパン / おひさまやのテーブルクロス / おひさまやのたんぽぽスプレー

菊池 恭子さんのその他の作品

ミリー・モリー・マンデーと ともだち / クリーニングのももやまです / 七草小屋のふしぎなわすれもの / くんくまくんとおやすみなさい / くんくまくんとバケツおに / 七海と大地のちいさなはたけ−冬のあいぼう−



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

おいなり山のひみつ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット