せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ピン・ポン・バス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピン・ポン・バス

  • 絵本
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1996年09月
ISBN: 9784032210408

対象年齢 3・4歳から


関連
うみへいくピン・ポン・バス

3〜4歳 編集部おすすめ

出版社からの紹介

駅前を出発したバスはいろんな停留所でピンポンといってとまります。少し田舎町ののどかなバスの旅。楽しいのりもの絵本!
ピン・ポン・バス

この人もおすすめしています

【安藤パパ】
何気ない郊外(八王子あたりがモデルか?)の夕暮れ時を、路線バスをピンポイントに描いた秀作。バス停から乗り込む家路についた人たちの安堵の表情と、それを包む車内の緩んだムードがいい。
また、ベテラン運転手の手練な技術と自然なコミュニケーション能力が、車両空間の居住性向上にとっていかに大切かがこの絵本を読むと分かる。わが家の近所を走る路線バスの粗野なドライバーも 読んで見習って欲しいものだ。

ベストレビュー

バスの運転手のお仕事

バスを描いた乗り物絵本は、たくさんありますが、この絵本は、特におすすめです。
なぜかというと、人と人とのコミュニケーションが描かれているからです。

この運転手さんは、ただ運転して人を運ぶだけでなく、人を喜ばせる仕事として誇りをもって、業務に当たっている、素敵な大人です。

子どもたちには、こういう大人の姿を見てもらいたいです。

(かたつむりの仔さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

トリケラトプスのなんでもないいちにち / ティラノサウルスのはらぺこないちにち / 大型読みきかせ絵本 せんろはつづく まだつづく(全1巻) / まじょのむすめワンナ・ビー / 『黒ねこサンゴロウ』うみねこ島の船乗りの冒険 / なんでもモッテルさん

鈴木 まもるさんのその他の作品

どこからきたの? おべんとう / みずとは なんじゃ? / 巣箱のなかで / いそげ! きゅうきゅうしゃ / てをつなぐ / 鳥の巣つくろう



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ピン・ポン・バス
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット