新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ

PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ(フレーベル館)

大人気シリーズ最新刊!

  • 笑える
  • かわいい
講談社青い鳥文庫 クレヨン王国いちご村

講談社青い鳥文庫 クレヨン王国いちご村

  • 児童書
作: 福永令三
絵: 三木由記子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥682

クリスマス配送につきまして

「講談社青い鳥文庫 クレヨン王国いちご村」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年12月
ISBN: 9784061471283

小学中級から
新書判・220ページ

出版社からの紹介

盲腸の手術をした5年生の正君におばあちゃんが12色のクレヨンをくれました。そのクレヨンの1本1本が、正君のねむりの中に順々にあらわれて、むらさきはスミレの花、みどりはヘチマ、黄色はエンゼルの話……12のお話をはじめました。楽しくて、すこし心がいたむ「クレヨン王国」シリーズ4作め。





ベストレビュー

手術前に読んだら勇気が出ます

親のいない間の正くんの手術前に、おばあちゃんが差し入れした紙とクレヨン。お母さんの手術のときはこれでお母さんがクレヨンの夢を見て、経過がよかったんですって。ゲンをかついで渡されたクレヨン。

正くんの夢の中で12色のクレヨンたちがたくさんの話をしますが面白いです。売られていく豚の話、いろんなものに追い払われる野原の話など、人間の業について考えてしまいます。切なくなるけど、自分のやっていることについて考える機会をくれます。

自分で考えるようになった小学生以上におすすめ。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 日本文学、小説・物語 > 講談社青い鳥文庫 クレヨン王国いちご村

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

講談社青い鳥文庫 クレヨン王国いちご村

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット