貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
クリップとみずのまほう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリップとみずのまほう

作・絵: 新井 洋行
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「クリップとみずのまほう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784577033616

4歳から
23x17cm 32ページ

出版社からの紹介

クリップは魔法使いの男の子。おつかいで湖の竜の卵を探しにいきますが、なぜだか空をとぶはめに。小さな雲となかよくなりますが…。雲の国にまよいこむふしぎな冒険物語。

ベストレビュー

名前を聞いただけで、わくわくしてくる!

後で読むとは思いますが、まだ子どもたちは読んでいません。
少し前から、新井洋行さんの単純明快で、個性的なイラストが気になっていて、思い切って図書館で探してきました。

すごく面白かったです。
一見今風なのに、物語はどこか懐かしいような昔話っぽいところがあって。
それでいて、はっきり見やすいイラストで、すごく好みでした。
キャラクターのネーミングも、クリップ(今回の主人公)とかソケット(クリップのお姉さん)とか、お父さんはノマって名前の発明家で、お母さんはホルケットって名前の魔法使いときた!

名前を聞いただけで、これからどんな素敵な物語が始まるんだろうって、わくわくしました。
お姉さん・ソケットの冒険の物語の別にあるとか!ぜひ、また探してきて読みたいと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

新井 洋行さんのその他の作品

あけてびっくりしかけえほん いっせーの ばあ / トーストン / ビルくんとはたらくくるま / 0,1,2歳ママバッグえほん だっこっこ / ちょうちょ ひらひら / にこにこばあ



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

クリップとみずのまほう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット