新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

春の窓

春の窓

作・絵: 安房 直子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥693

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「春の窓」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784062865784

ベストレビュー

安房作品の入門編としても向く一冊

講談社X文庫ということで、今一番手軽に安房作品に触れることができる本ではないかと思いました。

12話の話が収録されています。私の好きな「だれにも見えないベランダ」も入っていました。

「あるジャム屋の話」では、鹿が出てきて「天の鹿」という作品との関連性を思いました。鹿の娘にジャム屋を手伝ってもらい楽しい時間を過ごすジャム屋。

鹿のままでは結婚はできないと言ってしまうのに、「鹿のまんまで、よかったんだよ」と後で後悔する姿が印象的でした。

「黄色いスカーフ」では、黄色のスカーフ一つでうきうきとした気分になるおばあさんがかわいらしく感じました。

「日暮れ海の物語」では、「人魚姫」の影響を感じました。

文庫ということでどちらかというと大人向けですが、珠玉の作品が集まっていますので、安房作品の入門編としても向く一冊だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本



「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

春の窓

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット