貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
春の窓
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

春の窓

作・絵: 安房 直子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥630 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「春の窓」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

安房作品の入門編としても向く一冊

講談社X文庫ということで、今一番手軽に安房作品に触れることができる本ではないかと思いました。

12話の話が収録されています。私の好きな「だれにも見えないベランダ」も入っていました。

「あるジャム屋の話」では、鹿が出てきて「天の鹿」という作品との関連性を思いました。鹿の娘にジャム屋を手伝ってもらい楽しい時間を過ごすジャム屋。

鹿のままでは結婚はできないと言ってしまうのに、「鹿のまんまで、よかったんだよ」と後で後悔する姿が印象的でした。

「黄色いスカーフ」では、黄色のスカーフ一つでうきうきとした気分になるおばあさんがかわいらしく感じました。

「日暮れ海の物語」では、「人魚姫」の影響を感じました。

文庫ということでどちらかというと大人向けですが、珠玉の作品が集まっていますので、安房作品の入門編としても向く一冊だと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎとおほしさま / やさしいたんぽぽ / だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

春の窓

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット