庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ねこガム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこガム

  • 絵本
作・絵: きむら よしお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「ねこガム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784834024227

読んであげるなら・ 2才から
22X21cm・24ページ

みどころ

子どもの頃、ガムを夢中でかんだ事のある人なら絶対笑っちゃうはず!
「クチャクチャ」「プー」、「クチャクチャ」「プー」。
普通ならこの繰り返しで終わるはずのフーセンガム。
でも・・・あれ、あれあれ?どんどん大きくなってきたと思ったら
何か顔のような形になってきて。
「スー」
この場面の表情がたまりません。笑っちゃうというより、力が抜けます。
どんな場面なのかというと・・・もちろん最初から順番に読んで味わってくださいね。
とことん無意味な真剣勝負!2〜3歳の小さい子を対象とされていますが、
これは小学生(特に男の子)が喜びそうですね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ねこガム

出版社からの紹介

男の子がガムを噛んでいます。プープーふくらませはじめましたよ。風船はどんどんどんどん大きくなってきました。ああ、そんなにふくらませたらパーンってはじけちゃいます……って、あれれ? なにやら顔のようなものが見えてきた? あれれ? なにやら耳のようなものが? ヒゲのようなものが?? あ! ネコの顔になってますよ! 今度はそのネコが男の子を吸い込んじゃったし!……
 月刊誌での発行当初から、子どもたちと、子どもの心を忘れない大人たちを夢中にした、奇妙奇天烈なナンセンス絵本の傑作が、満を持しての登場です。
(「こどものとも年少版」2005年1月号として刊行された作品です)

ベストレビュー

あ〜!そんなに膨らませると!

「どうなるんだろう?」という緊張と
「あ〜あ。やっぱりね」という脱力を楽しめる絵本です。

男の子がガムを噛んでいます。
クチャクチャ・・クチャクチャ・・・。
ぷ〜っと膨らませるとどうなるのか?
絵本を読んで、是非 見てみてください。

小学校4年生の読み聞かせに使用しました。
1分もかからないほどの短いお話ですが、お話のシュールさに、子供達は釘づけになって楽しんでくれていました。

入園前の小さなお子さんはもちろん、小学校高学年でも読んであげられると思います。
何冊か読まれるときの 導入部分に持ってくるのもいいんじゃないかと思います。
(ちょし★さん 30代・ママ 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら よしおさんのその他の作品

トントンがゆく / おひいさん / 魚助さん / がむしゃら落語 / わん ニャン / ふとんちゃん



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット