くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくのしっぽはけっこうながい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのしっぽはけっこうながい

作・絵: 熊田勇
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのしっぽはけっこうながい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

前向きにいこう

ねこのタムは、見た目もほのぼのしていて癒し系なのですが、読んでみると面白くてもっと好きになっちゃいました。

話は単純で、しっぽが長すぎるという悩みなのですが、悩みだすとこれが結構大変かも・・・

そんな落ち込んでいたある日、タムのしっぽを立派だとほめてくれた虫がいました。

そう!気持ちを変えれば、考え方次第で欠点は長所になるのです。

やっと自分のしっぽに自信がもてたタム。

本当に良かったね。

これを自分の子供にも常々教えていこうと思います。
(イザリウオさん 40代・ママ 男の子12歳、男の子10歳)

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

熊田勇さんのその他の作品

ぼくのおなかがしろいわけ / きょうはあさからはがいたい / おおきくなりたい



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

ぼくのしっぽはけっこうながい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット