話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ぼくのしっぽはけっこうながい

ぼくのしっぽはけっこうながい

作・絵: 熊田勇
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,068

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年10月
ISBN: 9784062528511

ベストレビュー

プラス思考になったタムに自信がついてよかったです

ねこのタムは、最初は、しっぱが長いことにマイナス面ばかり思ってましたが、てんとうむしが、柔らかくてあったか〜いしっぽ・タムの立派なしっぽと言われてから、自分のしっぽが、上手く使うと結構便利で愉快なことを知ります。プラス思考になったタムに自信がついてよかったです!
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

コクリコ

出版社おすすめ


熊田勇さんのその他の作品

ぼくのおなかがしろいわけ / きょうはあさからはがいたい / おおきくなりたい


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > ぼくのしっぽはけっこうながい

湯本香樹実さん「橋の上で」インタビュー 「その夜」を越すために

ぼくのしっぽはけっこうながい

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット