ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
小児科医が見つけたえほんエホン絵本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小児科医が見つけたえほんエホン絵本

  • 絵本
作: 「小児科医と絵本」の会
出版社: 医歯薬出版

本体価格: ¥2,000 +税

「小児科医が見つけたえほんエホン絵本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

小児科医が見つけた、大人と子どもの心をつなぎ、感動を共有できる絵本約300冊の情報を収載。絵本にまつわる112の小さなお話と、心温まる15のエピソードも紹介。絵本美術館&児童書専門店リスト付き。

ベストレビュー

子どもが好きなお医者さん

お医者さんに行くと必ず子ども用の絵本が置いてあります。
それを見て絵本の集め方に感心することがあると、お医者さんにとって子どもたちは決して怖い場所ではないようです。
絵本好きのお医者さん、子ども好きのお医者さんがいるのでした。
この本は、そんな自分の関心のさらに上を行きました。
自分の病院に置く絵本の選定のみならず、自ら読み聞かせをやってしまうお医者さんたちが選んだ絵本。
今まで見てきた、絵本の解説本とまったく別の視点で自らが楽しみながら選んだ本が紹介されています。
この本を読みながら、思わず収録されている絵本を追っかけてしまいました。
お医者さんは子どもたちをどのように見ているか、子どもたちとどのように接しようとしているかがうかがえました。
小児科の先生ということで、対象は若干年少にポイントを置いているようにも思えましたが、その中に自分たちの世代感覚も入っています。
ジャズと絵本を関連づけたコラムには唸ってしまいました。
専門家や、評論家が選んだ図書とは一味違う解説本です。
絵本さがしの参考にお薦めです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

小児科医が見つけたえほんエホン絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット