ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
冬吉と熊のものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

冬吉と熊のものがたり

作: 安房 直子
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥780 +税

「冬吉と熊のものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年01月
ISBN: 9784591012864

中学年
サイズ :22cm x 15.5cm ページ数 :144ページ

ベストレビュー

妻の愛

小学二年から四年向きとありますが、妻の愛を感じるお話でもありました。

冬吉が冬ごもりする熊の作ったビールを飲みに行くあたりでは、生活が充たされていても、心の中で生活以外のものにあこがれを持ってしまう人間の性を感じました。

さちが、冬吉を見つけに行く場面では、アンデルセンの「雪の女王」を彷彿とさせます。

物語の所々に安房直子自身の作品も含めてのいろいろなお話の影響が感じられますが、それでもその作品たちの片鱗があっても、それは消化吸収されて出ているので、違和感なく読めます。

大人が読んでも全く遜色がなく、大人が読むと子どもとは違った思いで、読めるお話ではないかと思います。

息子と一緒に読みましたが、最後まで展開が気になったようで、冬吉はどうなるのだろう?と最後まで目が離せない様子でした。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ

上野 紀子さんのその他の作品

こころの絵本 The Picture Book of Cocoro / ねずみくんとおばけ / ちっちゃな ねずみくん / ねずみくんのチョッキ コラボソングCDつき絵本 / 【40周年記念限定販売】ねずみくんのGIFTBOX / 宇宙遊星間旅行



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

冬吉と熊のものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット