だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
三日月村の黒猫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三日月村の黒猫

作: 安房 直子
絵: 司 修
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

「三日月村の黒猫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

心地よい語りのリズム

書き出しで、店の倒産で、さちおが一人ぼっちになるところでは、とても切なく思いました。

こういうことって実際にもありそうだなと思います。

失踪した父の代わりに三日月村からやってきた黒猫との奇妙な生活が始まります。後半は、昔話の「みるなのくら」を思い出しました。

作品が書けなくなると、グリム童話を読んでいたという安房さん、語りのリズムが読んでいて心地よく感じるのは、昔話の語りが体の中に取り込まれているせいのなのかもしれません。

86年の作品です。ミステリアスで異界に取り込まれていくような怖さも感じられますが、読後感はよかったです。

さちおが目にする自然描写がとても美しくてとても引き込まれました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 雨ニモマケズ / グスコーブドリの伝記



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

三日月村の黒猫

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット