ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ライラック通りのぼうし屋
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライラック通りのぼうし屋

作: 安房 直子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「憧れ」の果てとは?

文庫で最初に読み、児童書で息子と読んでみました。

「冬吉と熊のものがたり」が新婚夫婦を描いたものなら、この作品に描かれているのは熟年夫婦。

そしてこの作品もやはりアンデルセンの「雪の女王」に似たものを感じました。

おかみさんは、お金のことしか言わず、帽子屋は帽子作りにしか興味はありません。

ファンタジー作品なのですが、安房直子の作品には現実的なことも盛り込まれていてそれにドキッとすることがあります。

おかみさんの愚痴がそうでした。

現実が嫌になり、ただひたすらに自分の好きなことをして過ごしたいというのは、人間の願望としてあると思います。

そして、それが達成されると、それは果たして幸せなことなのか?を考えました。

安房作品では、よく「憧れ」の気持ちが描かれます。「憧れ」の果てとは?についても思いました。

憧れている時間が楽しくても、達成されてしまえば、案外つまらないものなのかもしれないと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話



「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

ライラック通りのぼうし屋

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット