新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ライラック通りのぼうし屋

ライラック通りのぼうし屋

作: 安房 直子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

「ライラック通りのぼうし屋」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1977年11月
ISBN: 9784265916023

ベストレビュー

「憧れ」の果てとは?

文庫で最初に読み、児童書で息子と読んでみました。

「冬吉と熊のものがたり」が新婚夫婦を描いたものなら、この作品に描かれているのは熟年夫婦。

そしてこの作品もやはりアンデルセンの「雪の女王」に似たものを感じました。

おかみさんは、お金のことしか言わず、帽子屋は帽子作りにしか興味はありません。

ファンタジー作品なのですが、安房直子の作品には現実的なことも盛り込まれていてそれにドキッとすることがあります。

おかみさんの愚痴がそうでした。

現実が嫌になり、ただひたすらに自分の好きなことをして過ごしたいというのは、人間の願望としてあると思います。

そして、それが達成されると、それは果たして幸せなことなのか?を考えました。

安房作品では、よく「憧れ」の気持ちが描かれます。「憧れ」の果てとは?についても思いました。

憧れている時間が楽しくても、達成されてしまえば、案外つまらないものなのかもしれないと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

安房 直子さんのその他の作品

きつね山の赤い花 / 青い花 / きつねの窓 / きつね山の赤い花 / つるの家 / まほうのあめだま


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > ライラック通りのぼうし屋

えほん新定番 from 好書好日

ライラック通りのぼうし屋

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット