あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
キリクと魔女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キリクと魔女

  • 絵本
作・絵: ミッシェル・オスロ
訳: 高畑 勲
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「キリクと魔女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

フランスの大ヒットアニメーション映画、スタジオジブリ第一回洋画アニメーション提供作品の「キリクと魔女」。その色彩豊かな映画世界を絵本で再構成しました! 人類誕生のアフリカの大地だけが生み出しえたまったく新しい世界神話。なぜ?どうして?小さなキリクの大きな好奇心が世界を変える、愛と赦しとよろこびの物語。

ベストレビュー

愛すること

訳が高畑勲さんということで、どの絵本を翻訳したのかとても気になり読んでみました。

読み聞かせということで、息子も一緒に読んだのですが、漢字にはふり仮名ががついていないので、低学年の子が一人で読むには難しそうです。

そのままアニメでも通用しそうな内容だと思いましたが、アニメ映画の絵本版なんですね。

赤ん坊が自分の意志で自分の力で生まれてくる場面が、まず不思議でしたが、力強さを感じました。

ある使命を持って生まれてくる特別な子どもなんだろうという気がしました。

終始昔話風な不思議なお話で、展開が読めませんでした。

それだけに先がどうなるのか引き込まれてしまいました。

最後には驚きましたが、憎しみや争いは、憎むことや戦うことでは解消されないことを思いました。

愛することがすべての原動力であることを改めて思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

高畑 勲さんのその他の作品

幻の「長くつ下のピッピ」 / かぐや姫の物語 / かぐや姫の物語 / ホーホケキョ となりの山田くん / 太陽の王子 ホルスの大冒険 / セロ弾きのゴーシュ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

キリクと魔女

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット