新刊
スノーマン クリスマスのお話

スノーマン クリスマスのお話(評論社)

クリスマスならではの「奇跡」をお楽しみください。

  • かわいい
  • ギフト
  • ためしよみ
話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(Gakken)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

講談社青い鳥文庫 クレヨン王国幾山河を越えて

講談社青い鳥文庫 クレヨン王国幾山河を越えて

  • 児童書
作: 福永令三
絵: 三木由記子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥638

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年12月
ISBN: 9784061486348

小学中級から
新書判・202ページ

出版社からの紹介

「月のたまご探検隊」のメンバー、ついに再会!再会はまた、新しい出会いに!

サマースと名づけられた赤ちゃんの王女をつれて、サードと、まゆみが王国へ帰還。アラエッサとストンストンたちと感動の再会をします。カメレオン別荘村に、サード邸を建設することになり、別荘村大村長のストンストンとパッパカ夫妻は、前代未聞の大イベントを計画。いったい、その計画とは?





ベストレビュー

月のたまごの続々編

本編を10歳のときに全て読みました、これはその続々編。

まゆみとサードの娘、サマースが出てきます。ストンストン&嫁&アラエッサの宴会もなかなか楽しそうで良い。まゆみの詩も本編の切ないものに比べて、おどけていて、幸せそうで、読んでいるこちらが幸せになります。

料理下手なパッパカがぬかどこを持っているところにちょっとウケました。豚とポニーの夫婦は面白いけど、夫婦がナレンナーに評されるところは他人事ながらどきどきします。

そして、アラエッサにもひょっとすると恋の予感、、、?

アラエッサのその後がとても気になりなる一冊です。やはりこれもおすすめ。とにかくシリーズで読んで欲しいです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おまもりリュック
    おまもりリュックの試し読みができます!
    おまもりリュック
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    お子さんが絵本をめくりながら、自分で防災リュックを準備できるような絵本になっています。


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 日本文学、小説・物語 > 講談社青い鳥文庫 クレヨン王国幾山河を越えて

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

講談社青い鳥文庫 クレヨン王国幾山河を越えて

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット