モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
7人の忍者のドキドキなお話 こわがりやの忍者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

7人の忍者のドキドキなお話 こわがりやの忍者

  • 児童書
編著: 日本児童文芸家協会
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「7人の忍者のドキドキなお話 こわがりやの忍者」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784591107850

小学校中学年〜
18cm x 13.5cm・159ページ

出版社からの紹介

子どもたちが大好きな「忍者」のお話。こわがりや、かっこつけ、おっちょこちょい・・・いろんな性格の忍者の中に、自分そっくりな主人公が見つかるはず!

ベストレビュー

忍者選びが楽しい!

息子は、これくらいの長い本になると、読み聞かせより、自分一人でじっくり読んで本の世界に浸っています。なので、息子が読み終わった後、「お母さんも読んでみて〜」と勧められて、読んでみました。

この本は、いろんなタイプの忍者のお話に分かれています。それぞれ作家さん、画家さんも違うので、お話自体もバライエティにあふれていて読みごたえがあります。

まず、いくつかの設問にはい・いいえで答えていくと、自分がどの忍者タイプかがわかり、そのお話から読んでもよし、最初から順番に読んでもよし、いろんな読み方の楽しみができます。

息子は、思い込み!忍者くん、私はぽっちゃり忍者(汗)という結果になり、ぞれぞれのお話から読んでみましたが、私も息子もタイトルになっていたこわがりやの忍者が一番おもしろかった!と、意外にも意見が一致して、そんなやりとりも楽しく、家族で自分のタイプを見つけながら読むのがおすすめです!
(ハリボーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

日本児童文芸家協会さんのその他の作品

だれがアケル!? 悪夢のトビラ / だれがアケル!? 魔のトビラ / だれがアケル!? 恐怖のトビラ / だれがアケル!? 呪いのトビラ / 放課後の怪談(8) 3分の1の魔法  / じぶんを見つける物語(全5巻)



すべてのおとなとこどもに贈ります

7人の忍者のドキドキなお話 こわがりやの忍者

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット