だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
きいちゃんとどろんこピッピ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きいちゃんとどろんこピッピ

  • 絵本
作: おおしまたえこ
絵: かわかみ たかこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「きいちゃんとどろんこピッピ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年03月
ISBN: 9784591063996

幼児〜小学初級向

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

○内容紹介
 きいちゃんは、熱があるのでねています。すると、子犬のピッピが庭にトンネルをほってどこかに出かけていって、きいちゃんにきれいなお花を届けてくれました。そして、すぐにまたトンネルにとびこんで、今度はまっかな鳥の羽を届けてくれました。ピッピのトンネルは、一体どこに通じているのでしょう?

○長新太先生も絶賛! 朝日新聞書評より(2000年5月29日)
 子どもの絵について考える。
 幼児の頃は、線を描く。それから成長するにつれて色をぬるようになる。線から面へ・・・となっていく。色をたくさん使う子は、おおむね外向的な性格である。
 この絵本の絵は、目が回るような原色がたくさん使ってある。
 画家は、外向的な性格の人にちがいない。女の子と子犬の話だが、文を書いた人も画家で、面白い絵本を描いている。元気のよい子どものような大人たちがつくったのが、この絵本である。線を描いていた幼児が少し成長して、色をぬるようになったころの作品のようである。誤解のないように付け加えれば、描きたいように描いた、子どものように無垢である、ということ。

○「きいちゃんのたからもの絵本」シリーズ既刊
1「きいちゃんのどんぐり」(秋の巻)
3「きいちゃんとゆきだるまちゃん」(冬の巻)

ベストレビュー

元気がでる!

きいちゃんはちょっとお熱があります。
お買い物に行ったママに言われた通り、おとなしくベットに入っています。
でも元気な犬のピッピはじっとしてられません。
ピッピは庭にある穴に入っていってしまって、きいちゃんにいろんなものを取ってきてくれます。
きいちゃんとピッピがカラフルな色使いで、元気いっぱい描かれています。
他にもきいちゃんシリーズで2作でています。
女の子におすすめです。
(うさ。さん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

おおしまたえこさんのその他の作品

あら、たいへん!こんなじかん / ターちゃんのてぶくろ / きいちゃんとドロンじいさん / ミドリちゃんとよっつのけいと / きいちゃんのひまわり / きいちゃんとゆきだるまちゃん

かわかみ たかこさんのその他の作品

こんばんは あおこさん / ことり文庫 フライ姫、どこにもない島へ / よつばののはら / ちいさなともだち / たんじょうびって すてきなひ / 神沢利子のおはなしの時間5



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

きいちゃんとどろんこピッピ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29




全ページためしよみ
年齢別絵本セット