すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
ふゆのはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふゆのはなし

  • 絵本
文・絵: エルンスト・クライドルフ
訳: おおつか ゆうぞう
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふゆのはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1971年03月30日
ISBN: 9784834009613

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
21×27cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

冬、3人の小人が雪をかきわけて、いとこの7人の小人を訪ねていきます。
そこに白雪姫がきているのです! 深い雪と氷を舞台に、小人と白雪姫の
あたたかい交流を美しい絵で描ききったスイスの代表的な古典絵本。

ベストレビュー

新鮮に感じました

先に、クライドルフのばったが出てくる小人の話を読んだのですが、こちらが摩訶不思議なお話だったので、こちらの『ふゆのはなし』はどんなお話だろう?と興味がわきました。

白雪姫に出てくる七人の小人のいとこの三人の小人が主人公です。白雪姫がとついでから七年ごとに小人を訪ねてくるというエピソードに驚きました。

何も予備知識を持たずに読んだのですが、よくよく見れば表紙で踊っている女の人が白雪姫なわけです。

小人が訪ねて行く道中には、スイスの冬の自然が美しく描き出されていると思いました。

三人の小人が主人公なのですが、白雪姫が出てくると白雪姫の方がやはり目立つという感じはしました。

絵本で比較的長いお話で、雪に閉ざされた日に暖炉のそばで長いお話を読むなんて成り行きから生まれたお話なのかななんていう考えも浮かんできました。

絵もお話も幻想的で美しい。今時の世界観からは生まれそうにないお話なので、新鮮に感じました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルンスト・クライドルフさんのその他の作品

バッタさんのきせつ / くさはらのこびと

おおつか ゆうぞうさんのその他の作品

もりのこびとたち / しあわせな ふくろう



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

ふゆのはなし

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット