だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
もりのまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのまつり

  • 絵本
作・絵: 中谷 千代子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「もりのまつり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784834024203

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
23X31cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

年に一度森の奥で開かれる動物の祭りに、けんちゃんは牧場の動物をつれて出かけていきます。ファンタジー絵本の傑作です。

ベストレビュー

ファンタジーです

牧場に住むけんちゃんが、散歩にでかけた森で会ったおじいさんに誘われて、夜中に森のお祭りに出掛ける話です。

誰にも気付かれないように夜中に出掛けると、森の中では不思議な仮面祭りが開かれており、夜が明ける頃には解散・・・。でも翌朝目覚めると、けんちゃんの手許にはおじいさんにもらったお面がちゃんと残っています。小さな子供にも分かりやすい内容ですが、立派なファンタジーです。

息子は動物がぞろぞろ出掛ける場面や、それぞれがお面をかぶって別の動物になりきって踊る場面が好きなようで、食い入るように見つめていました。

お祭りは年に一度のようですが、きっと来年また会えると信じさせてくれる絵本です。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中谷 千代子さんのその他の作品

らいおんはしった / るるのたんじょうび / 新装版 かえって きた きつね / ブレーメンのおんがくたい / Wake up、 Hippo! かばくん (英語版) / 復刻版 ちいさいモモちゃん3 あめこんこん



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

もりのまつり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット