十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ピタゴラブック(4) フレーミーとのみのノミー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピタゴラブック(4) フレーミーとのみのノミー

  • 絵本
作・絵: ユーフラテス・うちのますみ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ピタゴラブック(4) フレーミーとのみのノミー 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784591100325

サイズ :17cm x 16.5cm ページ数 :36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

フレーミーの背中に、なにやら小さな点がとびついた!? かゆくてかゆくてたまらない、その小さい点の正体は・・・。

ベストレビュー

NHKのアニメでやってるそうです。

作者の「ユーフラテス」というのは、ご存知の方もいると思いますが、NHKのピタゴラスイッチを作っているメンバーだそうです。
この絵本は、線でできている2次元の犬「フレーミー」が主人公です。

今回の話は、普通に描いたら「・」でしか表せないノミとフレーミーの格闘が面白かったです。

フレーミーは数学的知識で描かれているようですが、
初めて見た時はただの「ロボットみたいな線の犬」という認識だったのに、何度か見ているうちにフレーミーの形になれてきて、可愛く思えるようになりました。
ちなみに、下の子に「かわいい絵本だから見てごらんよ」といったら、
「これ、知っているテレビで見た」という返事。よく聞いてみると、今ときどきNHKでやっているそうです。

小さいし、線がメインの絵本なので、お話会向けではありませんが、
お父さんお母さんがお子さんと読むには実に楽しい本だと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

ユーフラテス・うちのますみさんのその他の作品

ピタゴラブック(5) フレーミーのあかいえさいれ / ピタゴラブック(3) フレーミーともぐら  / ピタゴラブック(2) フレーミーとそうじき



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

ピタゴラブック(4) フレーミーとのみのノミー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット