しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
壺の中
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

壺の中

  • 絵本
作: 安野雅一郎
絵: 安野 光雅
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「壺の中」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1982年10月
ISBN: 9784924684119

26×21.5cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

表紙の美しい壺がこの絵本の主人公。始まりの頁は、「これからお話しするのは、その壺のなかのお話です」と始まり、
壺のふたは下に置かれます。次をめくると、「壺のなかには水が入っておりました。」とあり、その水は海なのです。

ここから階乗のお話が始まります。

ベストレビュー

10!=3628800

10!とは10の階乗、つまり1×2×3×4×5×6×7×8×9×10のこと。
理屈ではわかりますが、イメージとしてはつかみにくいですね。
そこで、美しい数学の登場です。
壺の中に海があって、そこに1つの島があり、そこに2つの国があり、
それぞれに3つの山があり・・・。
ほらね、だんだんわかってきましたか?
後半は、それぞれの数を点で表します。
すると、その数のイメージが視覚的に体感できるというわけです。
羅列する数字にめまいがするかもしれませんが、
要はその壮大な世界を感じ取れれば良いと思います。
私だって、3628800なんて覚えられません!
ほら、この壺の美しさ、愛でたくなりませんか?
蓋を開けて覗いてみたくなるでしょう?
その感性だと思います。
子どもから大人まで、楽しんでほしい作品です。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

わたしの好きな子どものうた / 小さな家のローラ / 森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

壺の中

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット