もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
水の扉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水の扉

作: 橋本 香折
絵: 橋本 淳子
出版社: ひくまの出版

本体価格: ¥1,300 +税

「水の扉」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

桜がなけりゃ、植えればいい

おばあさんの死がきっかけで、敬輔はおばあちゃんが土手の桜並木の話をしてくれた昔のことを思い出します。そして、突然現れた河童につれられ、時間を超える扉を通って、おばあちゃんが子どもだったころの昔へさかのぼるのでした。

おばあちゃんの死を知らされてから、敬輔は、家が近くなのに、なぜそばにいなかったのだろう、桜の花が大好きだったおばあちゃんをなぜひとりで死なせてしまったのだろうと、思い悩みます。

子どもを持つ父親として、この敬輔の言葉は私の胸にグサリと刺さりました。私は車で10分くらいのところにある実家に住む両親になかなか会いにいきません。もし何かが起こったとき、私自身は敬輔と同じ、あるいはそれ以上に苦しむでしょう。しかし、敬輔と同じ気持ちを抱くほど、息子や娘はおじいちゃんおばあちゃんの思い出をもっているでしょうか。

死は誰にでも訪れるものです。でも思い出はいつでも心のなかから引き出すことができます。この引き出しの中身を作ってやることが、息子としての自分、そして父親としての自分の役割ではないかと改めて思いました。
「桜がなけりゃ、植えればいい」と昔に戻った先で出会った少女に敬輔は言われます。そうなんですね、また植えればいい。思い出も作ればいい。

68ページしかない小さな本ですが、小学校中・高学年の子どもに読んでもらいたい一冊です。
(はしのさん 40代・パパ 男の子14歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

橋本 香折さんのその他の作品

おこりんぼママ / 色の女王 / ブラック・ウィングス、集合せよ

橋本 淳子さんのその他の作品

ごぜん2じのにじ ずこう / おつかい けっことこっこ / こねこムーとひみつのたまご / こねこムーとふしぎなたね / こねこムーとミミィのぼうけん / うつしっこ うつしっこ



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

水の扉

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット