おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【予約受付中】待ってました!ガーゼハンカチシリーズに「おおきなかぶ」他が新登場♪
くまげらのはる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまげらのはる

作・絵: 手島 圭三郎
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くまげらのはる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年12月
ISBN: 9784897847740

A4判 32頁

出版社からの紹介

くまげらは、からすほどの大きさのきつつきです。冬になると、食べ物探しでたいへんです。春の気配を感じたくまげらは、森の動物たちに、春が来たことをしらせます。そして・・・。

ベストレビュー

春が来たことを知らせる

知人の娘さん(小学生)が生き物博士で、最近は鳥ブーム、ということで、
私も鳥の鳴き声に耳を澄ませるようになりました。
この作品も、表紙の力強い飛翔の姿に魅せられ、手に取りました。
くまげらという大型のきつつきが主人公です。
木をつつく、という行為には単なる習性、というイメージしかなかったのですが、
えさを探したり、巣を作ったりという大事な役割があったのですね。
カラ カラ カラ カラ。
森に響く、その澄んだ音が聞こえてくるようでした。
いつものように版画の絵が、自然界の息遣いを伝えてくれます。
特に冬から春という移り変わりが、色彩が増えてくることで実感できます。
空の色だって、ほら、だんだんと、絶妙に違います。
淡々と簡潔な文章もいい感じです。
遠目が利くので、春の読み聞かせ絵本として使ってみたいです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子15歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

手島 圭三郎さんのその他の作品

くまげらのもり / ひぐまのあき / つきよのくろてん / きたきつねのゆめ / しまふくろうのみずうみ / おおはくちょうのそら



困っているぼくのところに本物の神様が!

くまげらのはる

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット