十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はちみついろのうま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はちみついろのうま

  • 絵本
作: 小風 さち
絵: オリガ・ヤクトーヴィチ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「はちみついろのうま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年4月25日
ISBN: 9784834017502

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

髪の美しい娘が森に住む鬼ばばに馬にされてしまいました。若い鍛冶屋は、鬼ばばを退治して娘を助け出します。美しいスラブの田園風景を背景にした大型絵本。

ある村に髪の美しい娘がいました。隣村の若い鍛冶屋がキノコスープと木いちごジャムが好きなことを知り、娘はキノコと木いちごを採りに出かけました。夢中になって探しているうちに、娘は魔物がひそんでいると噂されている森に入りこんでしまいました。森のなかでキノコと木いちごがたくさん見つかりましたが、突然、鬼ばばが現れ、「うまそうなはちみつの色じゃ。ひとつ、おぶっておくれ」と娘の髪をつかんで、娘を馬にしてしまいました。森の奥の馬小屋に閉じこめられた娘は、鍛冶屋に助けてもらう方法はないかと考えました。「蹄鉄がなかったら、あんたを乗せても長くは歩けないでしょう」と鬼ばばに話しました。なるほどと思った鬼ばばは、馬を鍛冶屋のところに連れていきました。勇敢な鍛冶屋は、鬼ばばを退治して娘を助けだしました。そして、二人はめでたく結婚しました。スラブの美しい田園風景を背景にした大型絵本です。

ベストレビュー

絵に感動

 「かものむすめ」の感想にも書きましたが、娘が図書館で見つけ、
「とにかく絵がとっても上手なんだよ。本当にきれいな絵なの。」と、
心の底から感動し、教えてくれた絵本。娘が話していたとおりの素晴らしい絵でした。

 「いいなあ、Jもこんなふうにうまく描けるようになりたいな。」と言いながら、読み終えるとすぐに、画用紙に向い、「はちみついろのうま」の絵を描き始めました。何度も何度も本を見ながら、一生懸命に描き写している娘。絵本は、いろんな面で、大きな力を与えてくれますね。
 残念ながら、絶版のため入手できませんでしたが、娘のオリジナル版を大切にとっておこうと思います。

 お話も、雄大なロシアの大地を想像させ、機知に富んだ面白さがありました。昔話として読んでも楽しく、絵画として見ても楽しめる1冊です。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小風 さちさんのその他の作品

ピクルスとふたごのいもうと / わにわにのかるた / おおきな3びき ゆうえんちへいく / こぶたのピクルス / ちいさなきしゃと おおきなおきゃくさん / くるま はこびます

オリガ・ヤクトーヴィチさんのその他の作品

うっかりもののまほうつかい / おいらはトムベエ / かものむすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

はちみついろのうま

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット