だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
新装版 雲のてんらん会
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新装版 雲のてんらん会

作・絵: 伊勢英子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784061322967

B12取・35ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

雲は毎日、空いっぱいに絵を描いている  
私たちは空の底で、泣いたり、笑ったりしている。空では風が吹いて、
雲が絵を描きつづけている…。さまざまな雲の表情を美しく切りとった、限りなく雄大な絵本。

ベストレビュー

まさに展覧会

ため息が出るくらい、次から次へ美しい空と雲を見ることができます。まさに、雲の展覧会です。「ルリユールおじさん」に出会ってからいせひでこさんの大ファンになりました。絵も素晴らしいのですが、添えられている言葉も美しく、詩を読むように、ゆっくりゆっくり読み進めました。

展覧会の画集であり、雲をテーマにした詩集であり、最後のページから科学の本でもあるこの絵本。いく通りにも楽しめる絵本です。

子どもの頃、もこもこした雲を見上げて、あの上で遊びたいとか、お城を建てて住んでみたいとか考えたことがありました。今も、雲を実るのが好きなので、よく旅先などで写真を撮ります。二度と見ることのないものですから頭に焼き付けておきたい、という気持ちもあります。自身が経験したことのない雲に、改めて感動を覚えました。
(こぶた文庫さん 50代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

伊勢英子さんのその他の作品

世界一ばかなネコの初恋 / おやつにまほうをかけないで / あの路 / 世界一ばかなわたしのネコ / ルリユールおじさん / 新装版むぎわらぼうし



葉祥明さんの描く不朽の名作

新装版 雲のてんらん会

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット