大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ヘンゼルとグレーテル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘンゼルとグレーテル

作: グリム
絵: バーナディット・ワッツ
訳: 相良 守峯
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「ヘンゼルとグレーテル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年07月
ISBN: 9784001105896

4.5歳以上
31.6×23.3cm.32頁

出版社からの紹介

親に捨てられたヘンゼルとグレーテルは,まっ暗な森で道に迷ってしまいましたが,すばらしいお菓子の家を見つけました…….華やかで大胆な絵とすばやいストーリーの展開が,結末への期待を高めます.

ベストレビュー

暗いカラフルさ

2歳8ヶ月の息子に読んでやりました。

暗くて怖い話であるにも関わらず、私が子供の頃に読んだのは、とても明るいカラフルな色合いの物でした。

この絵はカラフルでありながらもとても暗く、そして迫力があります。それでいて丁寧です。息子は、子供たちがはしごの上の屋根裏部屋?で親たちの会話を聞いてしまった場面がよく理解できたようで、自分の言葉で説明していました。森の中も花が咲いているのに暗くて怖く、雰囲気がとてもよく出ています。

ただ、表紙では魔女がとても怖く描かれているのに、各ページではあまり怖くなかったようで、「この人はいつ出て来るの?」と、読んでいる途中に何度も表紙を見ては聞いていました。同一人物に見えなかったようです。怖い物はとても怖く描いてあった方が良いようでした。

大判で、隅々まで楽しめる絵本です。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき / しらゆきひめ / フィッシャーが描いたグリムの昔話 メルヘンビルダー

バーナディット・ワッツさんのその他の作品

みにくいあひるの子 / いばりんぼうのカラス / ラプンツェル / ラプンツェル / 赤ずきん(大型絵本) / 赤ずきん

相良 守峯さんのその他の作品

岩波少年文庫 ニーベルンゲンの宝 / グリム童話集 3 / グリム童話集 2 / グリム童話集 1



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ヘンゼルとグレーテル

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット