話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ママったらわたしのなまえをしらないの

ママったらわたしのなまえをしらないの

作: スーザン・ウィリアムズ
絵: アンドリュー・シャケット
訳: 石井 睦美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,386

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

<品切れ重版未定>

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784892386350


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

可愛いからつい・・・ね!

ママに怒っているのは、ハンナという名前の女の子。
なぜって、ママはハンナを、名前じゃなく、色んな呼び名で呼ぶからです。

ずっと名前を読んでもらえず、自分の名前を忘れられちゃったみたいで不安になって、怒っちゃうハンナの気持ちも分かります。
でも、ママの「だって、ハンナが可愛いからつい・・・」という気持ち、2人の一日を追っていると、よーく伝わってきます。

寝起きのハンナは「ちっちゃなひよこ」みたいにあどけなく、
泣くハンナは「かぼちゃ」みたいに頬を紅潮させ、
食事を待てないハンナは、「ちいさなあくま」みたいに何をしでかすか分からなくて・・・。
ハンナの表情をよく見ているからこそ、の呼び名なんですよね。
そして、こんな風に呼びかけることで、
ママが感情的にならずにハンナと関われることもあるんじゃないかしら。

ママの呼び名通りに変身?!するハンナは、どの姿もキュート。
私に時々「子狸」呼ばわりされている息子も、笑いながら楽しく読みました。

幸せなラストは就寝前の読み聞かせにもぴったり。
園児位のお子さん、お母さんにおすすめです。
(ランタナさん 40代・ママ 男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アンドリュー・シャケットさんのその他の作品

だれか、そいつをつかまえろ!

石井 睦美さんのその他の作品

王さまのお菓子 / 魔女のマジョランさん 世界一まずいクッキーのひみつ / おばけのキルト / カイとティム 影の国のぼうけん / せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子 / うさぎのバレエだん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ママったらわたしのなまえをしらないの

ボロボロ絵本コンテスト開催中!

ママったらわたしのなまえをしらないの

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット