もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
肩車 長田弘・いわさきちひろ詩画集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

肩車 長田弘・いわさきちひろ詩画集

作: 長田 弘
絵: いわさき ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「肩車 長田弘・いわさきちひろ詩画集」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784062126298

B20取・32ページ

出版社からの紹介

父親の肩車の上で掴んだ静けさの感触。  
子どもの頃の小さな出来事やありふれた日常。そうした印象の断片をいかに聴き取ったかが、一人の人間の感受性をかたちづくる。読み返すほどに味わい深い詩画集。

ベストレビュー

肩車された子どもの世界

いわさきちひろさんの絵、長田弘さんの詩。
絵の構成と詩とのコラボレーションで、肩車された子どもの世界がくっきりと描かれている詩画集です。
私自身は肩車された記憶がなく、子どもをあまり肩車したことも多くはないように思うのですが、肩車された子どもがどんな思いなのか、この本を通して感じることができました。
高い世界から見下ろす世界、それもお父さんの肩にのって見る世界は特別です。
巨人になったような、偉くなったような、それでも屋根より高くなることはできない世界。
なんだか、肩車した子どもからしあわせをいっぱい受け取れそうです。
自分の子どもは肩車するには大きくなりすぎましたが、まだ間に合うお父さんたちにお薦めの本です。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長田 弘さんのその他の作品

帽子から電話です / 幼い子は微笑む /  / 最初の質問 / ジャーニー / いつでも星を

いわさき ちひろさんのその他の作品

絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット / ゆびきり / トットちゃんとカマタ先生のずっとやくそく / 千の風になって ちひろの空 / 井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法 / あおいとり



tupera tuperaのさんかく・まる・しかくなクリスマス

肩車 長田弘・いわさきちひろ詩画集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット