ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
おばけファクトリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけファクトリー

作・絵: みやざき ひろかず
出版社: 旺文社

本体価格: ¥1,238 +税

「おばけファクトリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年04月
ISBN: 9784010691700

小学1・2年生

出版社からの紹介

ゴーストホーンティング博士は、食べ物を大きくするための機械を発明しようと、一生懸命実験を重ねていうるちに、なんと!おばけを作り出してしまいました。かわいくて役に立つおばけたちは、たちまち大評判。おばけをほしい人たちで、毎日博士の研究所の前には長い行列ができます。ところが、あんまりおばけが人気になって、今まで飼っていたペットがつぎつぎ捨てられたり、ペットフード会社が倒産したり。博士は悲しくなってしまいました。そんな時に……。

ベストレビュー

ラストにびっくり・・でも面白かった!

面白くて一気に読んでしまいました。

「世界中のおなかをすかせた人々を助けたい」と博士が食べ物を大きくする装置を発明しますが、ためしに入れたハンバーガーはおばけになって出てきて・・・。
オービーと名づけられたオバケとの生活は博士にとって思いのほか楽しく、街にもオバケブームが。
じゃんじゃんオバケを生みだす博士の装置。
しかしそのせいで困る人々もでて、オバケは元の世界にみな戻ることにもなり・・・寂しくなった博士は最後死んでしまって自らオバケになり
楽しく暮らしましたとさ・・というラスト。

最後の幽体離脱から、そういう話?!といささかびっくりしましたが、
死について「そうだったらいいな・・」と考えさせられる向きもあり、でもこれは子供向きではないかな・・とも思ったり。
「世界を救う」ためにがんばってた博士が素敵だっただけに、ちょっと
拍子抜けしました。

でもオバケペットブームでペットフード会社が潰れたりするとことが今の世相を反映していたり。
「・・ですぅ〜〜」なんて気の抜けたオービーのキャラクターが可笑しかったり。
ちりばめられたイラストもくすりと笑わされるところ満載で
とても面白く読みました。
絵本よりはちょっと長く、でもイラストもたくさんで一晩でも
なんとか読める長さで、小1にぴったりな本でした。
(10月さん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


みやざき ひろかずさんのその他の作品

紙芝居 おぼうさんとろくろくび / ゆびさしで こたえを おしえてね ど〜れだ? 英語つき / ワニくんのいえ / トンノのひみつのプレゼント / すうじだいぼうけん / カタカナダイボウケン



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

おばけファクトリー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット