雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
ゆきのしたのなまえ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきのしたのなまえ

作: クロード マルタンゲ
絵: フィリップ・デュマ
訳: とき ありえ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆきのしたのなまえ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784062136990

B5変型・32ページ

出版社からの紹介

人間の尊厳を問いかける、本当にあった物語。
おじいさんは少年に、旅先で物乞いをしていた忘れられない男のことを語りはじめます。
深い川の流れのように続く、おじいさんと少年の厳しく優しい「対話」物語。


ベストレビュー

秘密にしておきたいこと

女の子がおじいさんに何度も繰り返し聞きたがるのは、おじいさんが物乞いに施しを与えてあげた美談でした。
しかも、物乞いに施しをした上に、誰かも分からない相手に手紙を書いて、人々の手で手紙が届き、返事が帰ってきた奇跡でした。
でも、物乞いからすれば、あれこれと話を広めては欲しくない、名前もおじいさんにだけ伝えた、それだけだったのでしょう。
雪の下に埋もれた名前という言い方が、素晴らしいです。
美談は、自慢したり、語り歩いたりしないから美談なのですよね
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

フィリップ・デュマさんのその他の作品

およばれのテーブルマナー / 女王バチ / オンディーヌとさかな共和国

とき ありえさんのその他の作品

紙芝居 花ぬのむすめ / ちいさな死神くん / うみべのいちにち / ピンクがすきってきめないで / ソフィー ちいさなレタスのはなし / オルガ ストロングボーイTシャツのはなし



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

ゆきのしたのなまえ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット