ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
だんまりうさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だんまりうさぎ

  • 児童書
作: 安房 直子
絵: 白川 三雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年12月
ISBN: 9784034191507

A5判 22cm×16cm

出版社からの紹介

だんまりうさぎは働きもの。でも、なにもしゃべりません。
ある日、だんまりうさぎのところへ、おしゃべりうさぎがやってきました。

ベストレビュー

幼年童話の入口として

絶版になっていて読めなかった安房さんの本が増刷や復刊されて購入できるようになってきましたが、この本もそんな一冊です。

うきざが主人公という親近感がわく内容、大きめの字ということで、絵本から児童書に移行期のお子さんにぴったりだと思います。

題名の通り、誰とも話さずに過ごしているだんまりうさぎのところへやって来たおしゃべりうさぎ。

野菜とおもちを交換して以来二人の交流が始まります。

働き者のだんまりうさぎ、働き者というだけでなく、長い耳は星の声も聞けるのです。

安房さんの作品の多くに、耳をこらせば聞こえる音、目をこらせば見える風景というものがあります。

星の声というのはとても安房さんらしいと思いました。

だんまりうさぎもおしゃべりうさぎもお互いにマイペースでありながら、心を寄せあっていく過程が温かく描かれていると思いました。

息子が笑っていたのは、おしゃべりうさぎが大根を抜いて尻もちをつき、それをだんまりうさぎが真似している場面です。

二人の仲の良さが垣間見えました。

そして、安房さんの作品にはおいしいものがたくさん出てきますが、この作品にも食べる場面が出てきてそのどれもがおいしそうでした。

おいしいものだけでなく、時にはロマンチックな場面もあり、さすがだと思いました。

私は安房さんの短編を多く読んできたので、切ないはかない怖いのが安房さんの世界だと思っていたのですが、中編作品にはこの作品や「すずめのおくりもの」などのように、心温まり小さな子どもでも読める作品もあることを知りました。

とてもきれいな日本語で読みやすくそして語りやすい作品です。幼年童話への入口としてもお勧めです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安房 直子さんのその他の作品

銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / 偕成社文庫 北風のわすれたハンカチ / 風のローラースケート 山の童話 / みどりのスキップ

白川 三雄さんのその他の作品

ぶたのさんぽ / かしてよ / みんなではしろう / ふたりでひとり旅 / はなふうせん / どうしてどうして



第12回 『あったかいな』の片山健さん

だんまりうさぎ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット