新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

アマンダのすてきなちょうちょ

アマンダのすてきなちょうちょ

作・絵: N・バトワーズ
訳: ゆきたけのりこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,496

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年10月
ISBN: 9784323015071

32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ちょうちょとりにでかけたアマンダは、とちゅうで雨にふられてしまいます。でも、かけこんだ小屋の中で、もっともっとすてきなものをみつけました! なんとそれはフェアリー(妖精)だったのです。

ベストレビュー

妖精のフェアリーとの出会い 

タイトルは すてきなちょうちょとあるので チョウチョとの出会いかと思いましたが・・・・・

なんと アマンダと言い女の子は 雨宿りの小屋で妖精のフェアリーと出会うのです

彼女はまえから 妖精とお友達だったのですね

バラの刺で妖精のフェアリーの羽が壊れて飛べなくて困っていたのです ・・・・

さあ アマンダは何で羽をなおしてあげたのでしょうかね?

きれいになおったとありますから   セロテープって優れものですね

フェアリーとの再会を待つアマンダ   

外国のお話には妖精がよくでてきますね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

関連記事

出版社おすすめ

  • ちいさいひなた
    ちいさいひなたの試し読みができます!
    ちいさいひなた
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ひなた、ひなた、どこいった? 隙間から差し込む光…小さい日向を描いた,ぬくもりある絵本です。


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > アマンダのすてきなちょうちょ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

アマンダのすてきなちょうちょ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット