しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて

作: 奥田 継夫
絵: 梶山 俊夫
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年03月
ISBN: 9784338016322

幼児から
24×25cm/35ページ

出版社からの紹介

せんそうにかつまではと、家族とわかれたボクちゃん。『ボクちゃんの戦場』の作家と金のリンゴ賞の画家がおくる集団疎開の絵本。

ベストレビュー

こんな悲しい戦争は二度と起こしてはなりません

私の父は戦争に行きました
私は戦争が終わり日本が戦争に負けてから生まれましたからこの絵本のような悲しいことは 話を聞いたり 本で読んでしか経験できませんが・・・・

戦争は 国と国との争いで みんなが戦争にかり出され、厳しい戦場になると、子どもたちは集団疎開したり 爆撃にあったり 食べ物もなく逃げまどったり  それは今の生活では考えられないような恐ろしいことだったのですね

1945年8月15日 日本は戦争に負け 大人は悔しがったとありますが・・・・ 戦争がやっと終わって喜んだ人も多かったのでは?
しかし この絵ほんの子どものように お父さんも戦死 お母さんや姉弟もみんなが死んでしまい 子の男の子だけ疎開して生き残った
悲しい子どもたちが たくさんいたのでしょうね
戦争孤児という本を読みましたが、 悲しい事実です

こんな悲しい孤児を作ってはなりません 戦争は二度と起こしてはなりません
声を大にして言いたいです
おかあちゃんーーーーー
悲しくて 涙が出てきます
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


奥田 継夫さんのその他の作品

はいたつされたふしぎなじゅもん / お正月さん / かぼちゃひこうせんぷっくらこ / スキャリーおじさんのにぎやかなビジータウン / せかいいちゆかいなとうさんねこのたんじょうび / せかいいちいそがしいぶたのしょうぼうし

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット