ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
ひとりぼっちのこねずみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちのこねずみ

作・絵: エゴン・マチーセン
訳: 大塚 勇三
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,019 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひとりぼっちのこねずみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

きびしいひと言。

子ねずみのねずおは、まだ若くてやせていました。
ある日のこと、かわいくて優しいめすねずみのねずこが通りかかりました。
うれしそうに見えないねずおは、ねずこに、
「ちゃんとしたねずみなら、そんなことは言わないわ。」
と言われたのです。

なんだか、お高くとまった女の子と思ったのですが、ねずこのひと言で、がんばるねずおの様子に少々驚かされます。ちょっとしたきっかけで、ずいぶん変わること、よくなることを思えば、がんばろうという気持ちの大切さに気づかされます。
ねずおがどんどん変わっていく様子や、世界の広がりが、なかなか面白いと思いました。
幸せをつかむためのこつを教えてくれたような気がしました。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

出版社おすすめ


エゴン・マチーセンさんのその他の作品

さるのオズワルド / あおい目のこねこ

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

ひとりぼっちのこねずみ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット