しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
イタリアのごはん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イタリアのごはん

作: 銀城康子
絵: マルタン・フェノ
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784540062926

ベストレビュー

明るく楽しい食卓

【内容】
イタリア、ローマとナポリの間くらいに住んでいる一家の食事。朝、昼、晩、間食、食事のマナー、四季折々の行事…など。
素朴で生き生きとしたイラストで、イタリアの普通の人々が楽しんでいる食事を紹介してくれる。

【感想】
朝食が、飲み物とチョコパイ(お菓子)。衝撃的でした。親に怒られそう。
一週間の食事の様子を見ていると、意外と野菜料理が多く、ヘルシーな感じもする。だけど、毎日ファミレスに通っているような感じもしてしまう。イタリアの人にとっては郷土料理なのだろうけど。
食事と食事の間が長いので、間食をしているけど、おやつになるようなものばっかりで、太りそう…イタリアのお料理は、魅力的だから、もし、自分がイタリアで暮らしていたら、簡単に今の倍は太る気がしてきた。

面白かったのは、「好きなものを40日間我慢する」という習慣。神様との約束だけども、我慢する代わりに何かお願い事を叶えてくれるというものでもないらしい。自分なら、願い事もして、是非とも満願の日には叶えていただきたい!!
(成就できるかしら。けっこうきつそうだ)

お昼は一家が集まって食べるとか、日曜日に親族が集まって食事を楽しむとか、親族同士の交流が多く、結びつきが強いという印象を持った。家庭料理が一番おいしい!と胸を張って言えるような感じがうかがえて、微笑ましい。
やっぱり素敵なところ。ぜひ、行ってみたい!!
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


銀城康子さんのその他の作品

ポルトガルのごはん / モロッコのごはん / ロシアのごはん / インドネシアのごはん / イギリスのごはん / 絵本 世界の食事 14 スペインのごはん

マルタン・フェノさんのその他の作品

ドイツのごはん / フランスのごはん



クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

イタリアのごはん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット