ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
パワーショベルのブルくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パワーショベルのブルくん

  • 絵本
作・絵: 横溝 英一
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「パワーショベルのブルくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年2月18日
ISBN: 9784569681634

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

内容:パワーショベルのブルくんは、土砂崩れでとまった電車をたすけるために山の上に行きますが、足場がくずれてたおれてしまいます。

解説:PHPのりものえほんシリーズの新しい一冊。 この絵本では、土をほったり、コンクリートブロックを持ち上げたりするパワーショベルが主人公です。 ブルくんは、鉄道の工事現場で活躍するパワーショベル。ある日、台風が通りすぎたつぎの日の朝のこと、ブルくんをむかえに貨車がやってきました。山の峠トンネルの手前で土砂くずれがおきて、始発電車が立ち往生しているので、ブルくんに助けてほしいというのです。そこで、ブルくんは、山の事故現場にいって大活躍。線路の上の土砂をすっかりとりのぞきました。 ところが、ブルくんは最後の大きな石を持ち上げたとたん、バランスをくずして、斜面の下までころげ落ちてしまいます。動けなくなって、そのまま冬を迎え、ブルくんは雪の下にうもれてしまいます。 ブルくんの活躍、遭難から、救助されるまでをドラマチックに描いた絵本です。

ベストレビュー

乗り物の絵本と言えば、この方です!

息子は乗り物の絵本が大好きです。
だから、ほとんど横溝さんのは読んでいます。
絵がとっても鮮明で興味をそそられます。

今回はパワーショベルのブルくんのお仕事の話でした。
とっても役に立ち、活躍していることが良く分かりました。
パワーショベルはどんな時に使うかなんて、さりげなく教えてくれて、とてもよかったです。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


横溝 英一さんのその他の作品

黒部の谷のトロッコ電車 / はしれはやぶさ! とうほくしんかんせん / SLれっしゃだいさくせん / やまをこえる てつどう / チンチンでんしゃのはしるまち / はしる はしる とっきゅうれっしゃ



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

パワーショベルのブルくん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.31

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット