ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
やさい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

やさい

作・絵: 三枝 三七子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥680 +税

「やさい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年00月
ISBN: 9784591104668

2歳〜5歳
サイズ :16cm x 16cm ページ数 :25ページ

出版社からの紹介

野菜の外見と中身のちがいにハッとします。みずみずしいおいしそうな色彩とユーモラスな楽しいイラスト。ページをめくって声を出して、名前をあてて!

ベストレビュー

キャラクターが魅力的

野菜の絵本というと、平山和子さんの「やさい」や、きうちかつさんの「やさいのおなか」「やさいのせなか」あたりが思い浮かびます。
何れも名作なので、あまり期待しないで読んだのですが、結構良いという印象でした。
この作品は、「これなあに?」と書かれて、野菜の断面が描かれているページから始まります。
答えはピーマンなのですが、全体像は、擬人化しており、実にキュートな印象です。
その繰り返しなのですが、縦切り・横切りと二つの断面から見ているので、この着眼はとても良いと思います。
馴染みの野菜達に混じって、ゴーヤがあるのが新しい感じがしました。

絵は可愛いだけでなく彩色が綺麗なので、とても魅力的。
「やさいのおなか」の二番煎じと思って読み始めたのですが、エンディングに続くストーリー展開もあって、かなり楽しめる作品だと思います。
最終頁には、登場した野菜の英語名も掲載しているのですが、ゴーヤが「Bitter melon」と言うのは一寸した驚きでした。

ファーストブックに是非オススメします。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三枝 三七子さんのその他の作品

よかたい先生 水俣から世界を見続けた医師 原田正純 / みなまたの木 / ワルルルさん / くだもの / ぽっかぽかのおまじない / ぺったん! やさいスタンプ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

やさい

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット