とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ピンクのいる山
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピンクのいる山

  • 絵本
作: 村上 康成
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ピンクのいる山」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年07月
ISBN: 9784198612177

5歳から

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


村上康成さんにインタビューしました!

みどころ

春に生まれたヤマメのピンク。ピンクのひれがちょっと自慢。
いつもおなかがぺこぺこ、夢中で虫をおいかけます。
そんなピンクが暮らす豊かな山には、人間も遊びにやってきます。釣りを楽しんだり、山菜を採ったり。
だから時にはヤマメだって釣られてしまいます。
人間のいる地上の世界。
「ヤマメ、ウド、クレソン…そしてヤマメ。今日のメニューはきまりだ」
おじいちゃんと女の子が並べた山菜とヤマメの美味しそうなこと!
二人は丁寧に美味しそうに平らげて、星空に包まれて眠りにつきます。
次の日の朝、また川の中ではピンクたちがおなかをすかせて虫を追いかけて元気に泳いでいくのです。

「ヤマメのピンク」シリーズ完結編となる今作では、またピンクの小さな頃の日常に戻ります。
その輝くばかりの緑の中には、ヤマメがいて、自然があって、そして人間もいます。
その間には爽やかな風が吹いています。
それぞれがいきいきとして、共存している様子を描いた見開きの大画面。
シリーズ3冊を読んできてからこの場面を見ると、なぜだか涙が浮かんできます。

自然が元気でいることの素晴らしさを、親子で理屈抜きで感じてみてください。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ピンクのいる山

出版社からの紹介

春にうまれたヤマメのピンク。おなかはいつも、ぺこぺこ。でもピンクがすむゆたかな山に、人間もあそびにやってきて…。自然のなかでくりひろげられる「生」のドラマをみずみずしく描いた絵本。自然のかなでるハーモニーに耳をすましてください。〈ヤマメのピンク〉シリーズ完結編。

※2013年、「ヤマメのピンク」シリーズが「国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)」 推薦「子供向け図書」
(愛称:「生物多様性の本箱」〜みんなが生きものとつながる100 冊〜)に選定されました。

ベストレビュー

自然界と人間の関わり

ピンクシリーズ第4弾。
これまでの3冊は、ヤマメのピンクがどんどん成長してきましたが、この本はまたピンクの子どもの頃に戻ります。
今回は、ピンクの住む山と、そこを訪れた人間との関わりに重点がおかれています。

人間は、自然界の生きものにとっては残酷なことをしています。
自然界の中でも、もちろん残酷なドラマが日々あるわけです。
自然も人間も、全てが厳しく関係しあって、毎日が過ぎていくのですね。

ピンクの住む山には、山菜があり、四十雀の鳴き声がひびき、サラサラと渓流が流れている。
絵本だから音は聞こえないはずなのに、なんだかこの本を見ていると、自然にあふれる山の中の音が聞こえてくるようです。
山に行きたくなります。

(ゆずきんかんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 康成さんのその他の作品

しあわせならてをたたこう / きょうはたんじょうび / もこちゃんチャイルド しあわせならてをたたこう / 新版 星空キャンプ / だちょうさんのたまご / しろいちょうちょがとんでるよ



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

ピンクのいる山

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54




全ページためしよみ
年齢別絵本セット