あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
101のひとみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

101のひとみ

  • 絵本
文: 吉武 輝子
写真: 秋元 良平
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「101のひとみ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784774611228

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

盲導犬クイールの写真家秋元良平氏の写真と、評論家、作家である吉武輝子氏の絵本のことばによる、51匹の犬たちの101のひとみに何がうつっている?相手を待つ気持ち、思う気持ち、うれしさ、悲しさ、深い深い愛情がそこにはありありとあらわれています。一人で暮らしている人もだれか片思いな人も絵本をはじめたばかりの子どもも読んでほしい。きっといいことがあります。人を愛する気持ち、ここにいてくれると安心する気持ちそして、なにより、ひとりでいるひとりぼっち感をひきうけ、相手を思いやる気持ちを表現した1冊です。

101のひとみ

ベストレビュー

瞳の表現!

動物好きの方なら,たまらない絵本ではないでしょうか。

私は特に動物が好きというわけではありませんが,動物達の瞳に惹き付けられてしまいました。
「目は口ほどに物を言う」というのは,こういうことなのかも知れません。
何だか妙にこの言葉に納得してしまうような,そんな絵本です。

動物に限らず人間も同じですね。
相手の目を見てしっかり気持ちを読み取っていきたいものです。
特に,大切な人ほど。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


秋元 良平さんのその他の作品

クイールはもうどう犬になった



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

101のひとみ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット