新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ほしにむすばれて

ほしにむすばれて

  • 絵本
作: 谷川 俊太郎
絵: えびな みつる
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年
ISBN: 9784580820623

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
A4変型判・263mm×214mm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

星が大好きだったおじいちゃんの人生を、孫の少年が語る物語。
子どもの頃から夜空を見上げ、人生の大事なときはいつも星が一緒だったおじいちゃん。
その想いはおかあさんに、そして少年に受け継がれてゆきます。
親子の想いを、星が結んでゆく。美しいイラストと谷川俊太郎さんの詩が素敵な物語を紡ぎます。
人の世が変わっても、星は変わらず夜空に輝いています。
太古から人間が星に魅せられるのは、そんな普遍性からかもしれません。

(まなびナビ編集部)

出版社からの紹介

星空が大好きだったおじいちゃんの半生を、少年の目から振り返ります。星空の魅力は、祖父から母親そして孫へと伝わりますが、星たちはずっと同じ輝きを保ちます。

星たちはいつも夜空に輝いています。それは世の中がどうかわっても同じです。谷川俊太郎さんは宇宙の偉大さと人のちっぽけさを、おじいちゃんの半生を通して絵本で語っています。人は星を見るとなぜか澄んだ気持ちになります。この絵本ではもっと壮大な気持ちに浸ることができると思います。(文研出版 編集部からのおすすめ)

ベストレビュー

親子代々のきずなのお話

このお話は、星を中心に親子代々の絆を描いたお話でした。おじいちゃんが星好きだったら、お母さんも星好きになって、その子供も星好きになってと言った感じで、お互いの思い出などもあってとっても感動的なオア話でした。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,760円
1,815円
1,430円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
2,200円
440円
1,848円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ほしにむすばれて

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.87

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら